アノニマス第7話見ました?

独り言

ネタバレあり!気をつけて!

ある会社にパワハラがあった、とSNSで公表された。その発信者はアノニマスからの情報だと言っていた。

アノニマスの正体を探れと上層部からの指示がある。

そんな時、アノニマスが「殺人犯の捏造」を告発した。世間はざわつく。

その事件は、万丞が過去に担当していた。

ついに万丞は、倉木刑事の事をみんなに話す。

2年前、大田区の路地裏で闇金の社長が刃物で刺された事件があった。その犯人は、その闇金で多額の借金をしていたフリーライターのサワノボリハジメだった。

取調べでサワノボリは犯行を認めた。が、留置場内で自殺してしまった。

被疑者死亡で事件解決のはずだった。

しかし、倉木刑事が別の情報を得る。それがアノニマス。

アノニマスの情報で、別の犯人の名前が出た。倉木刑事は1人で追って、撃たれてしまった。

撃たれた時、アノニマスとの繋がりである、ルアーを万丞に渡す。倉木刑事は現在心神喪失のままである。

それ以来、アノニマスを探していることみんなに話す。

倉木刑事を見舞った時、ヒヤシンスの差し入れがあることを知る。

万丞は、過去の大田区社長殺しを洗い直すことをみんなに話す。

その当時から真犯人ヤマムロコウスケに目をつけていた刑事がいた。

山本耕史扮する、羽鳥刑事。

羽鳥刑事は、上司に事件は解決したと強く言われ手を引いた。

事件を洗い直している。

物証の凶器を辿る。

同時に倉木刑事にヒヤシンスを送った人物を調べるよう依頼する。その人物は、タナカイチロウと名乗っていた。

凶器に付いていたのは手袋痕のみ。

万丞は記録を見て気が付いた。

手袋をしていたのは、ヤマムロコウスケだった。

花を送っていた人物が特定できた。

室長と万丞。

アノニマスの正体が判明した、と伝える。

室長だった。

認める室長。この日を待っていた、と。

証拠を捏造したのは、刑事部長。

室長は自分で当時独自に捜査し、真犯人がヤマムロコウスケとわかり、倉木刑事にアノニマスとして情報を漏らすことにした。

倉木刑事が撃たれたことにより、辞職を願い出たが、過去に根回ししてもらったことを理由に、退職届を受け取られず、新部署の室長という役職を受けた。

今回の2年前の情報は、室長ではないこともわかった。

刑事部長に万丞に全てが明かされたことを伝えると、刑事部長は、1日時間をくれ、と言われた、自分でケジメをつけると。

指対策室のメンバーにも全てを明かした。

そんな時、パワハラがあった会社の社長が自殺したと報道されたいた。

大臣を見送る刑事部長、昇進の話が進んでいると言われる、大臣は「私の顔を汚すな」と。

リリコのパソコンにセキュリティホールが見つかった。

アクセスしている番号が判明する。

それは倉木刑事だった。アノニマスの正体は倉木刑事だった。

万丞は、倉木刑事のところに行くが、すでに姿を消していた。

いよいよ次回最終回です。面白い!

2もあるといいな!

コメント

タイトルとURLをコピーしました