愛犬が留守番の時、どこに居るかファーボが無くてもわかる方法

保護ワンコのお話

アラフィフ独身女です

元繁殖犬・保護犬のトイプードルと一緒に暮らしています

簡単に言うと、ヒート中なので、血液の付いているところに、日中居るんだなってことです 笑

我が家に来て、3年が経ちます

保護犬カフェ印西店さんから譲渡してもらいました

我が家に来てから3ヶ月後には、悪性の腫瘍が発見され、肺に転移していることがわかりました

獣医さんと相談し、避妊手術は諦めました

すぐに旅立ってしまうかと、半年位は緊張して過ごしていました

いつ、具合が悪くなって来るのか。。。仕事を辞めて看病に徹しよう、とか。。。

ただ、腫瘍の大きさは、3年前と比べて、二回りくらい大きくなっただけでした

良かった。。。まだまだ一緒にいられるな、と神様に感謝です

なので、避妊手術をしていないので、年に2回ヒートがやってきます

今がその時で。。。

お留守番の時は、ケージ+2畳くらいのスペースでフリーにしています

マナーパンツは留守番の時はしません

あちこちに血液がついていますが、人間に比べればずっと少ない量なので、大丈夫です

拭いたり、洗濯したり、は普段より多くなりますが、一時的なので

最近は昼間は暖かくなったり、寒くなったり、と寒暖差もありますし、

まだ、ペット用のホットカーペットはONにしていたんですが、

特に寒い日は。。。

なのに、ケージの中に居るようで。。。

ホットカーペットは、フリースペースの方に置いてあるんです

ケージの中は、スリーコインズのブランケットを敷いていて、暖かいとは思いますが。。。

カーペットの方が暖かいのにね

ケージのブランケットにだけ、血液がついているので、

日中はそこで寝ているようです

ファーボがなくても、どこにいるか判明しました 笑

カメラをつけると、おそらく私が仕事にならない気がして、持っていないだけなんですけどね 笑笑
ペット用品ならアイリスオーヤマ公式【アイリスプラザ】

Amazon.co.jp

コメント

タイトルとURLをコピーしました